背中脱毛でニキビは改善できる?背中にきびと医療脱毛の関係

ニキビ改善

毛穴に詰まった雑菌や皮脂汚れによる炎症・シャンプーやボディーソープ等の洗い残し・ホルモンバランスの崩れが背中ニキビの主な原因ですが、このうち、毛穴詰まりで生じるにきび対策にクリニックのレーザー脱毛はまさにもってこいの方法。

背中は比較的皮脂腺が多い部位で、皮脂汚れの酸化やそれらの汚れを好む雑菌が結びつきやすい特徴をもっています。

医療脱毛すれば、毛穴が引き締まるため汚れ詰まり等を起こしにくくなる他、毛穴の奥にある皮脂腺の機能を低下させ、ニキビの原因になる余計な皮脂の分泌を抑えることができると言われています。

一方、脱毛すると、逆にニキビが悪化する/増えると感じる方がいらっしゃいますが、それは一時的な症状。脱毛による肌への刺激はまったくのゼロではないので、脱毛後はどうしても軽い炎症やむくみは現れます。ただ、数日するとそうした症状は引き、脱毛する以前より肌の状態は良くなっていく場合がほどんどです。

根本的な背中にきび改善は脱毛だけじゃダメ!普段からの予防も大切

心も体も食でできている.背中ニキビが多い方は食生活の見直しを!

偏った食事(脂っこい・甘党等)を多く摂り続けていると、質の悪い皮脂や脂肪が増え、その結果ニキビの原因につながります。普段の食事は心にとっても体にとっても一番の基本。にきび等の肌荒れが目立つようになってきたら、それは体のサインでもあります。いつもより野菜や果物等をちょっと多めに摂って、バランスがとれた食生活を心掛けましょう。にきび予防だけでなく、体全体の健康ケアにも大変有効です。

過剰な背中のムダ毛処理は禁物.余計にニキビを悪化させることも!

シェーバー・除毛剤・最近だと背中の産毛をタオルで処理したりと、色々な方法がありますが、大切なのは過剰な処理は避けること。過剰な処理は、肌の乾燥や細かい傷を招き、にきび等の炎症につながります。また、傷ついた肌部分が治りにくくそのまま痕(赤みや黒ずみ等の色素沈着)として残る場合もあるので注意が必要。背中の毛を処理するには、できるだけ優しくちょっと手抜きするぐらいの感覚で十分です。

ストレスを抱え込まない.自律神経の乱れが背中ニキビの原因に!

ストレスを感じると、交感神経が優位となり皮脂の過剰分泌・角栓の形成・睡眠不足・ホルモンバランスの崩れ等ニキビができやすい肌の状態に変わっていきます。今のご時世、ストレスがまったくない生活を送ることは不可能ですが、軽めの運動で汗を流すだけでもかなりのストレス解消につながります。休日のほんのちょっとした時間を見つけて運動や趣味等でリフレッシュするように心掛けましょう。

病院では色々な悩み(にきび跡・背中ニキビが多すぎて...等)にも対応可能

治し方

クリニックでは脱毛だけでなく、様々な皮膚の悩みにも対応しています。例えば、にきび跡。皮膚の色素沈着が原因ですので、残念ながら脱毛だけでニキビ跡を消すことはできません。

ただ、クリニックではケミカルピーリング等の美白ケアも提供しており、料金もお手頃でニキビ跡でお悩みの方に好評です。また、背中ニキビが多すぎて治し方が分からない方にもケミカルピーリングは大変効果的。脱毛もしたい、ニキビも治したいといった場合、これらを併用する方が多くいらっしゃいます。

※ニキビや肌荒れがひどいと安全上脱毛ができない場合(カウンセリングの際に医師が判断)があります。そうした場合、まず肌の状態を落ち着かせてから、脱毛する流れになります。

脱毛範囲で選ぶ背中脱毛 ― レーザー脱毛クリニックランキング(最新版)

背中上 背中下 背中全体

当サイトでは、レーザー脱毛の価格を比較しやすくするため、各ランキングで表示されているクリニックの脱毛料金を、初診料・再診料等が必要な場合、全て含めて表示しています。